2018年6月

ギターをはじめたきっかけ

ギターをはじめたきっかけ

(公開: 2018年6月28日 (木))

私がギターを始めたきっかけは、中学生の頃いギターを持っているのがカッコいいじゃないかという軽い感じて、年末年始の年賀状配達のアルバイトをして1万円くらいのギターを買いました。
ですが、チューニングしたりコードを覚えたりするするのが嫌ですぐやめちゃいました。
でもそれか少したってから、クラスのモテるやつがギターのカタログを広げていたのを見て、またカッコつけやがってと思ったんですけど、何故か家に帰ってからギターが気になってしまって。
自分にも弾けるんじゃないかっていう気持ちがどんどん大きくなっていきました。
最初の頃はソファーに立てかけて、鑑賞しているだけでした。
全く何も分からない状態だったのですが、さすがにこれではまずいと思って、ギターをやっている友達から、チューニングの方法も載っている小心者用のコードブックを借りました。
当時は譜面も読めなかったから、いわゆるスケール練習みたいなことは、あまりやりませんでした。
今思うと本当に懐かしいです。
とにかく上手くなりたいという人は、まずはどんなものでもいいから曲を弾くってことが大事でしょう。
このことは古川忠義のギター講座でもまずは1曲弾くことから始めます。
特に大人になってからは、ギターは第二の人生の生きがいの趣味になるので、学生の頃に挫折した方や、今かでも弾けるようになりたいという初心者の方は、チャレンジしてみると良いかも知れませんよ。
自分の中でこの曲が好きで弾けるようになりたいという気持ちがあれば、年齢に関係なく何回もトライ出来るじゃないかな。