まつげエクステの人工まつげの種類について

まつげエクステのお店で用いられる商材はいろいろあると思いますが、その中でも最も種類が豊富に用意されているのは、取り付ける人工まつげになってくると思います。

素材だけでも固めのシルク、柔らかいミンク、シルクよりもさらに柔らかいセーブルの3種類ありますし、それぞれについて、いろいろな長さや太さのものが用意されているようです。

まつげエクステの使う人工まつげの長さについては、一般に5~15ミリぐらいのものが使われるそうですが、いろいろな用途によって使われる人工まつげの長さが違ってくるそうです。

一般的には、プライベートでも仕事でもどんな場面でも良く合う11ミリぐらいの長さが使われることが多くなるそうですが、自分のまつげの足りない部分を補充する時は、それよりも短めの9ミリぐらいのものが使われるそうですし、ゴージャスさをだしたいときなどには、長めの15ミリのものをピンポイントで使う場合が多くなるそうです。

人工まつげの素材と長さだけでもかなりの種類のものが必要になってくるようです。

まつげエクステで用いられる人工まつげは、その素材や長さだけでもかなりの種類がありますが、太さについてもいくつかの種類が必要になってくるようです。

まつげエクステでは、だいたい0.1~0.25ミリぐらいのものが用意されているそうですが、よく使われるのは、自まつげに負担が少なく、長持ちしやすい細めの0.1ミリのものだそうです。

細めのものを使用するときれいに仕上がるそうですが、ボリュームを出すためには本数を増やす必要が出てくるそうですから、ボリュームを出したいときにはやや太めの0.15ミリのものもよく用いられるそうです。

まつげエクステをするメリットとしては、ピューラーなどを使わなくてもまつげのカールを行える点もあると思いますから、いろいろなカールの形をしている人工まつげも必要になってくるようです。

これについてもナチャラルな感じがするJカールや、目元をパッチリ見せるためにかなり気合を入れてピューラーをした時のようなCカールなどを中心に5~6種類のものがあるようです。