まつげエクステで使う人工まつげの素材について

まつげエクステで取り付けられる人工のまつげの素材には、シルクやミンク、セーブルといったような種類があるそうです。

その中で人気が高いのが、ミンクだそうです。

別に本物のミンクを使用しているわけではなく、これも人工のまつげだそうですが、比較的柔らかい素材から作られているそうです。

ミンクの特徴としては、自まつげへの密着度が高い点だそうで、そのためにつけ心地が良く、柔らかい素材を用いているので、しっかりとフィットして比較的長持ちするそうです。

また、自まつげに与えるダメージも少ないそうです。

シルクの場合は、ミンクよりもやや固めになっているようで、しっかりとして質感があるので、ボリュームを重視したり、インパクトを重視したりする場合に、よく用いられるそうですし、固めの素材から作られているのでカールなどの形が維持しやすくなっているようです。

値段的にはもっともリーズナブルになっていて、つけ放題のまつげエクステサロンで使われているのはシルクの場合が多いそうです。

まつげエクステで使われる人工のまつげには、ミンクとシルク以外に、セーブルもあるそうですが、これがもっとも自然のまつげに近い毛質になっているそうです。

比較的柔らかい素材で作られていて高級品とされているミンクよりも、さらに柔らかく作られているそうです。

シルクやミンクだとどうしても違和感を覚えてしまう人の場合は、試してみる価値はあるようですが、最高級品ですからシルクやミンクよりは費用がかかってしまうのが難点のようです。

ただ、その分だけ、まつげエクステが長持ちしてくれるそうですし、つけ心地や仕上がりの自然さは他のものに勝っていることになるようです。

ただ、どこのお店でも扱っているわけではないようで、リーズナブルな価格をセールスポイントにしているまつげエクステ店では扱っていない場合もあるようです。

3つの素材にはそれぞれ特徴がありますから、普段はミンク、長持ちさせたいときはセーブル、気軽に楽しむ時はシルクなどというように、ニーズに応じて上手に使い分けると良いようです。